曖昧な言葉で逃げるべからず!想いは断言しよう!

こんにちは。
コバヤシリョウ(@gunshi320)です。

断言する。

これがなかなか難しい。

色んな人の意見を考慮し、誰からも批判されない文章に・・・

そんな風に思えば思うほど、断言する事が難しくなる。

例えば、何か意見や感想を言う時に、

個人的には、○○○だと思います。

とか、

○○○かもしれません。

とか、

○○○と言われているらしい。

とか、

○○○ではないでしょうか?

とか、、、

僕も今までは角が立たないようにとか、批判されないようにと意識するあまり、こんな文章になっていました。

でも、気付いたんです。

こんな当たり障りのない文章、誰が面白がって読むんだ?

って。

結局、逃げ道を確保したかっただけなんですよね。。。

個人的には○○○だと思います。

これは、他の人は違うかもしれませんっていう逃げだし、

○○○かもしれません。

これは、間違ってた時の保険です。

○○○と言われているらしい。

これは、僕じゃない誰かが言ってた事だから、批判するならその人にしてねって事だし、

○○○ではないでしょうか?

これは、みんなもそう思うよね?って同意を求めて、僕だけじゃないって言い聞かせてる。

なんてつまらない文章だろうか。

批判を恐れるあまり、自分の意見を言えてなかった。

そりゃ違う意見だって当然あるでしょう、違う人間なんだから。

そんな当たり前の事に気付けず、当たり障りのない文章を書き続けていました。

→ 何を言ったかより、誰が言ったか。言葉には重みがある。

昨日の記事ですが、最近は割と意識して断言するようにしてます。

上の記事も「いやいやいや、何を言ったかの方が大事だろ」って意見も絶対ある。

そんなことは当たり前で、でも、僕は誰が言ったかが大事なんだ。と書いてます。

矢面に立ち、批判される覚悟を持つ。

意識してないと僕も逃げ道を作る文章を書いてしまいますが、これからもしっかり自分の意見を逃げずに書きたいと思います。

僕はこう思う。

他は知らんけどな。

これで良い。万人受けを狙った文章ほどつまらないものはないし、誰でも言えるようなことは僕が書く必要がない。

意見は尖らせなければ、刺さらない。