ほとんどの人は自分の事をよく分かってない

こんにちは。
コバヤシリョウ(@gunshi320)です。

最近、自分の中で革新的な気付きがあったんですよ。

内容は控えますが、コレだ!と思って疑わなかったやり方が、実は自分には合ってなかったという事に気付いてしまったのです…

いや~なかなかショックでしたよ。

それで思ったのですが、こういう事って『好きなこと』だと余計に起こるんじゃないかなと思ったわけです。

抽象的すぎて分からないですよね…
これから説明します。

盲目的になるな!

自分にとってコレだ!みたいな事が見つかるとテンション上がるし、めっちゃ盲目的になると思うんですけど、その盲目は加速装置でもあるけど、トラップでもあると思うんです。

好きだ!という気持ちが視野を狭くする時もある。
思い込みって結構怖いです。

だから『自分を知る』って思っている以上に難しい事なんだと思います。

自分は何が好きで、何が得意で、何がしたいのか…
分かっているようで、分かっていなかったりする。

好きだと思いこんでたり、得意だと思いこんでたり、やりたいと思いこんでたり…

好きなことやってるはずなのに、なんか苦しいな~とか。
思い当たる節、ありませんか?

そんなときは、少しアプローチを変えてみると良いかもしれないです。

例えば、『服が好きでお店で接客することが得意』と思ってたけど、試しに服の買い付けをやってみたら、こっちの方が好きだし、得意だったわ!!みたいなことがあるかもしれません。

でも、盲目的に『服に囲まれて、お店に立って接客することが天職なんだ!』と思い続けてると、そこに気付けなかったりする。

好きな事やってるつもりで、なんか辛いな~疲れるな~と感じることがあったら、少しアプローチを変えてみると良いかもしれません。

今日はそんなお話でした。