インプットが先か、アウトプットが先か。それが問題だ・・・

こんにちは。
コバヤシリョウ(@gunshi320)です。

鶏が先か、卵が先か

因果性のジレンマの例えとしてよく使われる有名な言葉ですが、僕はインプットとアウトプットにも似たような側面があると考えています。

普通に考えたらインプットが先・・・

なんですが、毎日アウトプットしていると「あれ、、これ、アウトプットが先?インプットが先?」って思う瞬間があるんです。

そもそも「毎日アウトプットする」という前提があるからインプットしようと思うんですよね。
アウトプットのために、毎日アンテナをバリバリ立てて、細かい情報も見逃さないぞ!って意識になるわけです。

アウトプットするという習慣がなければ、そもそもインプットしないと思うんです。
結果、インプット⇒アウトプットのサイクルがぐるぐる回って、アウトプットもインプットも精度が上がっていく。

アウトプットする内容がないから、もっとインプットしてからやります!って人が居るんですが、これ逆だよなと思います。

人生何十年か生きてきて、何もアウトプットすることがないなんて人は絶対いないんですから、まずアウトプットしてみましょう。

そうすることで、自ずとインプットするようになります。
知識は走りながら付ける。

アウトプットが先か、インプットが先か。

何かを発信したいと思っている方、
是非、考えてみてください。