好奇心旺盛で多趣味な人ほど成功すると思う理由。

こんにちは。
コバヤシリョウ(@gunshi320)です。

僕は好奇心の化物で、かつ、多趣味です。

自分では最強のメリットだと思ってますが、周りからは中途半端だと言われたりもします。

たしかに、一つのことに熱中し、極め、その分野で活躍するというのは、王道の成功パターンだと思います。

全く否定するつもりもないどころか、熱中できる何かに出会えたことは素晴らしいと思うし、僕自身、アニメという分野に関しては、会社を作っちゃうくらい熱中しています。

しかし、成熟しきった今の世の中で、一点突破だけが、成功のパターンではなくなってきているとも感じています。

一つの世界しか知らなかったら、絶対思い付かなかっただろうなって事に気付けたりするからです。

いろんなことに興味をもち、実際にやってみて、楽しさ・歴史・世界観を学ぶ。

その知見と、既存の知見が、自分という箱の中で混ざり合った時、新しいアイディアが生まれたりするんです。

僕はこの経験を何度もしてきました。

どの世界で学んだことも、自分という箱の中に蓄積されます。

それは、その分野だけを学び続けた人からしたら浅い学びかもしれません。

しかし、多趣味だからこそ辿り着ける場所もあると思うんです。

ドラクエだったら、賢者になるには、魔法使いと僧侶と、両方を経験しなくちゃいけないわけじゃないですか。

魔法使いだけ極めても、僧侶だけ極めても、賢者にはなれないんです。

僕がツイッターなどで「たとえ今はやめてしまったことでも、熱中してやったことに無駄なんてない」っと言っている理由はこれです。

多趣味で悪いことなんてない。

その世界で学べたことは蓄積されて、唯一無二の自分を作るんです。

この供給過多の時代で、全く新しいアイディアを思いつけるのは、好奇心旺盛で多趣味なやつだと、僕は信じます。