効率化の罠と壁。ザクでは大気圏を突破出来ないという話。

こんにちは。
コバヤシリョウ(@gunshi320)です。

『効率化』

僕の大好きな言葉で、基本的には何事も効率化するべきだと思っていますが、効率化には罠と壁も潜んでいるので、少し気を付けなければいけません。

効率化の罠とは、ただ効率化することに意識が集中してしまって、そもそもやらなくて良いことまで効率化しようとしてしまいまうことです。

やらなくて良いことの効率化ほど無意味な事はないです。

効率を追い求めるのも大事ですが、少し俯瞰して「この仕事は本当に必要か」という視点を持つことも大事です。

効率化の壁

そして、効率化では越えられない壁もあるという事も理解していなければなりません。

ザクでは大気圏を突破出来ない。

ファーストガンダムを見ていない方はすみません(笑)
チャリで空は飛べない!でも可です(最初からそれにしろ)

効率化も大事ですが「そもそもその道具を効率化して目的地まで行けるのか」という事も考えなければなりません。

ペダルの回転を効率化して、少し速く進めるようになったところで、空は飛べないんです。

今の道具では目的地まで行けないと気付いたときには、愛着のある道具(事業)を捨て、新しい道具(新規事業)を買うことも必要です。

今までしてきたことを捨てるのはすごく勇気がいることだし、新しい道具を買うためにはそれなりの資金も必要です。

でも、目指す場所が空で、今自分が自転車に乗っているのだとしたら、その頑張りは無駄とは思いませんが報われないと思います。

ただ効率化を目指すのではなく、そもそも必要な仕事なのか、効率化で解決できるのかどうか、という点にも気を配ってみて下さい。

それでは、また明日。