めんどくさいが仕事になる!の一歩先。誰かの面倒が誰かの好きな事。

こんにちは。
コバヤシリョウ(@gunshi320)です。

ビジネスとは、人が「めんどくさい」と思うことを変わりにやってあげることだと、偉い誰かが言っていた気がします。

確かにそうです。

遠い地に住む友達に、自分で荷物を届けるのが「めんどくさい」から僕たちは配送業者に依頼するわけです。

誰かの「めんどくさい」を変わりにやってあげるサービスは、ビジネスになり得る。

ただ「めんどくさい」を変わりにやってあげることがビジネスだ!と聞くと、とても辛くて、面白く無さそうに感じます。

僕も、分かるけどキツイよな~と思ってました。

でも、ある時、気付いたんです。

僕にとっては「めんどくさい」と思うことでも、誰かにとっては「好きな事」かもしれないよなって。

いや、ほんと当たり前の話なんですけどね。

家事が苦手な人は、家事が好きな人に頼めばいいし、料理が苦手な人は、料理が得意な人に頼めばいい。
前者は家政婦や家事代行、後者は料理人という職業がある。

めんどくさいの肩代わりの一歩先。

「めんどくさい」と「好き」のマッチング。

そんな風に誰かの好きだけで世界が回れば、素敵だと思うんですよね。

最後に

誰も好きじゃないことは、
きっとロボットがやってくれるようになるでしょう。

人類はそうやって進歩してきたし、これからもきっとそうなる。

昔は土曜日に仕事するのが当たり前だったけど、今じゃ土曜日は休むのが一般的になった。
10年後には、金曜日は休むのが当たり前になっているかもしれない。

そうやって、人類全体で効率化していく未来。

あぁ、、、素敵だ。

みんなが辛いと思うこと、
みんながめんどくさい事は、
どんどん効率化してなくしていく。

その先には、好きな事しかしない未来が待っている。