人口は減ってもクリエイターは増え続ける理由とその一歩先の話

こんにちは。
コバヤシリョウ(@gunshi320)です。

最近、立て続けにこんなニュースが入ってきました。


年々、人口は減少傾向にありますが、僕はクリエイターの数は増えると思っています。

それはなぜか?

今日はそんな話をしたいと思います。

1、モノづくりが簡単になった

誤解を恐れずに言えば「モノづくりが簡単になったこと」

これが、クリエイターが増えた要因の一つだと考えています。

もちろん、作品の優劣は当然あると思いますが、一昔前に比べれば「それなり」の作品を作ることは容易になったはずです。

写真ひとつ取っても、スマホで撮って自動加工しただけでも、かなりクオリティーの高い写真が作れますよね。

他にも、昔は何年も勉強しなければ作れなかったものが、ツールの発達により、誰でも簡単に作れるようになってきています。

2、知識を得ることが容易になった

今まで専門家の間でしか知り得なかった情報や知識も、インターネットによって、誰でも簡単にアクセス出来るようになりました。

またSNSなどで、アマチュア同士が繋がり、知識の共有も容易になっています。

そして、作品を世に広めることでクリエイターの承認欲求が満たされ、また、その作品に感化された同じ趣味を潜在的に持っていた人(まだ自分がその趣味を好きと自覚していない人)にも広がり、新しいアマチュアを生んでいく。

そんなプラスの循環が起きているのが昨今なのかなと。

3、趣味の時間が増えた

人間は楽な方に楽な方に流れる生き物です。

楽をするために、努力してどんどん物事を効率化してきました。

ルンバが出来て、掃除の時間が短縮されたように、日々の生活でかかる時間は確実に減ってきています。

この流れは止まらないです。

炊事・洗濯・料理、etc

最終的に、人間はほとんど何もしなくても生活できるようになるかもしれません。

そうなったら、余った時間を当然「好きな事」に費やしますよね。

まとめ

自分の時間が増えて、かつ、物作りが容易になり、かつ、同じ趣味の仲間と繋がりやすくなった。

これがクリエイターが増えていく要因だと僕は考えています。

そして、多くの人がクリエイター(作り手)となったとき、その人達の受け皿となる「居心地良い場所」があったら素敵だよな~と常々考えていて、その存在にアニエラがなれたら最高だなと思っています。

まだまだ形にもなっていない想いですが、

クリエイターが作品を気持ちよく世に送り出せて、
それを消費者側がストレス無く受け取れて、
金銭のやりとりもスムーズに行えて、

そんな場所が作れたら、僕達が掲げる「クリエイターも消費者も双方が幸せになれる社会を創る」という夢に一歩近づけるのかな~と思っています。

日々精進。
来年も頑張っていくぞ~