「無知」ってFFでいうところの「バーサク」状態で意外に使えるって話

こんにちは。
コバヤシリョウ(@gunshi320)です。

なんでもそうですが、一歩目を踏み出す時ってめちゃくちゃ怖いですよね。

経験者に話を聞いたり、ネットで色々調べたり・・・
その情報で一喜一憂して、やろうかな?やらないどこうかな?って悩む。

でも、結局分からないんですよね。
経験者の話も、ネットの話も、正解なんてなくて、他の人が上手く行ったからって、自分がうまくいくとは限らないわけです。

そう考えると、この最初に色々調べて安心したり警戒したりする事自体が無駄というか、自分で自分に足枷付けてる気がするんです。

やる前に知ろうとするから踏み出せない、だったら、無知のまま、知らないまま一歩目をエイッと踏み出してしまう方が無駄がないと思います。

僕の場合は、完全にフェスの話ですが、経験者の話も聞けなかったし、ネットにフェスの作り方なんて乗ってるわけないし、だから無知の状態でエイッと踏み出してしまうしか無かった。

でも、それで良かったと今では思ってます。

「無知」ってある種の「バーサク」状態だと思うんですよ。

無駄な事を考えずに、攻撃しかできなくなる代わりに、攻撃のステータスが向上するみたいな(笑)

だから、最初の一歩目はバーサク状態を維持してた方が良い。
調べたり(エスナ)して治そうとしない(笑)

だって多分、今の知識を持って、フェスの1回目を開催しようと思えたか?と言われれば、絶対ムリです(笑)
怖い怖い(笑)

来年まで待とう、もう少し体制を整えてからやろう、とドンドン先送りにしていたと思います。
それは、知っているがゆえに抱く恐れです。

無知で居続けることはダメだと思いますが、最初に知りすぎるのも良くない。
知らないまま放り出されて、傷つきながら知っていくことも大事なのではないか。

そんな風に思うのです。

自分は凡人だと受け入れて進め!凡人こそが、最強である。

まず踏み出してから、経験者に話を聞くなり、調べるなりしたら良いと思います。
まぁ自分で経験した事以外は、たいして知識として蓄積はされないので、話半分で良いと思いますけどね(笑)

知ってる事と理解している事は違う。知識から理解へ。

最近ふと、知らなかったからこそ、一歩目を踏み出せたよな~と思うことがあったので、今日はそんな事を書いてみました。

このブログを読んでくださる方の、一歩目を踏み出すキッカケになれば幸いです。